事務職員採用情報

半世紀にわたる教育の歴史を、未来へ飛翔させる Building on Harf a Century of Devotion to Education and Soarting into the Future. 学校法人鶴学園 2018 事務職員採用情報

学校法人鶴学園 建学の精神・教育方針

教育は愛なりEducation is Love

「教育は愛なり」-
鶴虎太郎の教育方針を表したこの言葉を、建学の精神として定め継承してきました。
学生、生徒、児童を心から愛し、愛にもとづく教育をされ、愛を教育の本質とされた校祖の教育の精神を永遠の目標とし、その原点を見失わないよう、私たちは、これからも教育に取り組んでいきます。

常に神と共に歩み社会に奉仕するAlways Walk Together with God and Serve Humanity

人格の完成を目指し、心身ともに健康にして己を制御し、「常に神と共に歩み社会に奉仕する」人間の育成が、鶴学園の教育方針です。さまざまな問題が山積みし、教育の真価が問われようとしている今こそ、私たちは、この教育方針を堅持し、社会に貢献できる教育を展開していきます。

学校法人鶴学園 中期経営計画

TOP(トップ)! 2020Tsurugakuen Operation Plan

グローバル化時代をたくましく生き抜く人材を育成する
総合学園として、地域の「ナンバーワン私学」を目指す

学校法人鶴学園が求める人材

主体的に考えて行動できる方
コミュニケーションを大事にする方
環境の変化を恐れず、柔軟に対応できる方

私たちに求められるものは日々変化しています。
教育改革に終わりはありません。
だからこそ、面白いのです。
自分自身の可能性を信じ、その可能性を最大限に広げ、私たちとともに進化していける人。
それが鶴学園の求める人材です。

募集要項

職  種
事務職員
採用人数
若干名
採用年月日
2020年4月1日(水)
職務内容
学校事務(企画、広報、財務、総務、入試、教務、学生支援、 就職支援、企業連携、国際交流等)
応募資格
・四年制大学を卒業見込または大学院を修了見込の方・四年制大学を卒業または大学院を修了した者で年齢40歳までの者※年齢構成のバランスをとるため)※一般企業等での実務経験者
(正社員または正職員経験者が望ましい)
応募書類
①志望理由書(指定用紙)②履歴書および自己紹介書(指定用紙)※指定用紙は次のアドレスからダウンロードしてご記入ください。http://www.tsuru-gakuen.ac.jp/download.html③職務経歴書(A4 横書き、任意用紙)
※職務経験のある方のみ
④卒業(修了) 証明書または卒業(修了) 見込み証明書および成績証明書
※二次試験受験時にご持参ください。
※応募書類は、職員採用に必要な範囲に限って利用します。※応募書類は、返却いたしませんのでご了承ください。
応募締切
2019年5月22日(水) 必着※持参以外は、必ず簡易書留にて郵送して下さい。
選考方法
一次試験・・・書類選考二次選考・・・筆記試験(一般常識) およびグループ面接
【2019年6月9日(日)頃を予定】
三次試験・・・個人面接【2019年6月25日(火)頃を予定】四次試験・・・役員面接【2019年7月8日(月)頃を予定】※二次および三次試験の交通費はお支払できませんのでご了承ください。
書類提出先
学校法人鶴学園 総務部(担当:田中)
〒731-5193 広島市佐伯区三宅2-1-1
TEL(082)921-3121
E-Mail t.tanaka.z4@it-hiroshima.ac.jp

勤務条件

給  与
大卒(35歳) 概ね261,300円
大卒(22歳) 概ね201,000円
諸手当
通勤費、住宅手当、扶養手当、時間外手当
賞  与
年2回・6月/12月 (2018年度実績:年5.05ヶ月分)
昇  給
年1回
休日休暇
日曜・祝日・土曜日(概ね隔週)
有給休暇・夏季特別休暇・年末年始休暇・慶弔休暇 等
※詳細は勤務場所のカレンダーによる
勤務時間
7時間45分
※始業および終業時間は勤務場所による
勤務場所
学校法人鶴学園が設置する学校等
広島工業大学、広島工業大学専門学校、広島工業大学高等学校、広島なぎさ中学校・高等学校、なぎさ公園小学校 等
保  険
健康保険・年金保険(私学共済に加入)
雇用保険、労災保険
福利厚生
退職金制度、再雇用制度、貸付制度
日本私立学校振興・共済事業団関係の福祉事業等利用可
研修制度
就任時研修、階層別研修、自己啓発研修補助

在職者の声

広島工業大学 情報化推進室
山本 亨
出身 広島工業大学専門学校 卒

鶴学園全体のコンピュータやネットワークを利用した教育・研究事業及び事務処理を支援する業務を担当しています。今や教育にもICTが取り入れられる時代で、そういった新しい技術への挑戦はやりがいがあり、テンションも上がります。もちろん、情報機器を上手く扱えない学生への対応に苦慮する場面もありますが、支援した学生に感謝される瞬間は至福の時で、学園の教育活動の一翼を担っているという誇りを感じます。
私は、学生時代に海外研修やインターンシップ等を通じて、勉学を"教える"だけでなく、人間力を"育む"という鶴学園の魅力を肌で感じました。この経験を学園で学ぶ全ての人に是非体感してもらいたいです。

広島工業大学 教育機構支援室
砂田 有美子
出身 安田女子大学 文学部 卒

アメリカ、カナダ、中国の協定校から来学する短期留学生のサポートや、海外留学に参加する在学生のサポート等、国際交流に関する業務を担当しています。
一番のやりがいは、私自身の留学経験を活かして学生の成長に貢献できることです。留学した学生が新たな夢を発見し、その夢に向かって頑張っている姿や、国際交流行事で積極的に外国の方とコミュニケーションを取っている光景を見ると喜びを感じます。
地元でやりがいを持って働きたいと思う中で、学校職員という仕事に興味を持ちました。広島工業大学は、学生が異文化に触れ、視野を広げる支援ができるだけでなく、学生から学ぶことも多く、私自身を成長させてくれる素敵な職場だと思っています。

広島工業大学 学務部
錦織 和也
出身 山口大学 経済学部 卒

教務担当として、学生の履修相談や教員対応、授業運営や試験の実施補助等を行っています。毎日、学生や教員と接して「現場で教育に携わっている」という事を実感しています。そのような中で、卒業生が地域社会や日本そして世界で活躍する姿を見るのは、誇らしくもあり、喜びもひとしおです。
鶴学園は小学校から大学まで合計6校を擁する広島に根付いた学園です。そのような学園で学ぶ沢山の学生に職員として携わるのは、責任もありますが、大きなやりがいでもあります。また、私は企業から転職しましたが、学校職員の業務は、教育部門や管理部門等多様で、常に新しいことにチャレンジできる魅力的な仕事だと思っています。

広島なぎさ中学校・高等学校 事務室
岡  桃子
出身 広島修道大学 人文学部 卒

授業料収受関係や就学支援金等の補助金申請を担当しています。どれも経理に関することなので、細心の注意をはらいながら業務にあたっています。入職して1年目で、凹むこともありますが、生徒たちの明るい笑顔を見ると辛いことも忘れて元気になれます。
10月には、しまなみ海道44kmを歩いて渡る「夜間歩行」という行事があり、私も食料の配膳等のサポーターとして参加します。先輩から「ゴールの時は感動するよ!」と聞いているので、とても楽しみにしています。
学校が好きで、「教育機関で働きたい!」と思い鶴学園を選びましたが、特色ある教育や行事に関われることは、とても刺激的で魅力的で、選んでよかったと思っています。

広島工業大学 総務部
平本 泰理
出身 Pasadena City College 卒

広報担当として、メディアへのリリース発信・取材対応、広告制作、協賛事業、websiteの運営・管理などを担当しています。責任やプレッシャーを感じることもありますが、手がけた広報物が成果物として世の中に出て、多くの人に想いを伝えることができるのは、広報担当ならではの大きな魅力です。やりがいもありますし、毎日が充実しています。
私は、広島工業大学附属中学校・高等学校(現:広島なぎさ中学校・高等学校)の卒業生です。鶴学園の「個性を大切にする教育」のおかげで、自ら進路を考え、決断し、悔いのない人生を送っていますが、こういった実体験も沢山の人に知ってもらいたいと思っています。

その他採用情報




個人情報保護について | リンク・著作権・免責事項