メニュー

寄付金の活用例

寄付金は様々な分野で
活用させていただきます

皆さまからの寄付金は、鶴学園の設置校において、「教育研究の充実」「施設設備の充実」「クラブ・課外活動の充実」の分野で活用させていただきます。

活用方法

ICT教育環境の充実
なぎさ公園小学校
学びの個別最適化や創造力育成のため、一人一台端末等ICT環境の整備を進めています。それに伴う端末購入やインターネット環境整備等に活用させていただきます。
国際化の推進
広島なぎさ中学校・高等学校
日本にいながらもグローバルな視点が育めるよう、海外から留学生を迎え入れ、交流を図っています。これら国際交流(交換留学プログラム)にかかる運用費用に活用させていただきます。
学習支援システムの活用
広島工業大学高等学校[全日制課程]
自宅での学習支援サポートとして放課後すぐに授業の復習ができ、予習や得意科目の強化にもつなげることができる教育サービスを導入しています。そのサービス利用費に活用させていただきます。
有識者による講演会の実施
広島工業大学高等学校[通信制課程]
保護者や教員等の学びの場として、また交流を深める場として、有識者による不登校支援等の講演会を実施しています。講演者への謝礼やチラシ制作等にかかる活動費用に活用させていただきます。
設備や授業で使う物品の更新・充実
広島工業大学専門学校
企業で用いられている機材は常にUP to DATEされています。授業で使用している機材や設備を更新し、即戦力として活躍できる力を養うために必要な機材・設備を整える費用に活用させていただきます。
HIT Visionに沿った教育・研究の推進
広島工業大学
教育、研究、同窓、地域の4分野において、大学の目指すべき方向性を具体的に示したHIT Visionを策定し、多彩な取組を展開しています。その中で、特に社会との接続に重点を置いた新たな人材育成プログラム「HIT.E‣2024」の推進及びSDGsや地域防災減災、IoT・AI・データサイエンスに特化したセンターの活動等に活用させていただきます。
天然芝のグラウンド整備
なぎさ公園小学校
なぎさっ子を育む教育環境の一つとして天然芝のグラウンドがあります。天然芝を健康的に維持するには、年間を通じた定期的な整備が必要です。その整備費用に活用させていただきます。
ICT教育プラットフォームの活用
広島なぎさ中学校・高等学校
学校教育をICTでサポートする「教育プラットフォーム」を導入。多様な機能を活用することで、授業の幅も広がり、生徒の自学自習力を養成することも可能になります。本サービスの利用費に活用させていただきます。
ペーパーレス会議
広島工業大学高等学校[全日制課程]
印刷資材の削減を企図するとともに、職員会議や教員間の連携を円滑にし業務の効率化を図るため、教員に一人一台のiPadを支給しています。それら機器類の維持費用に活用させていただきます。
自学自習場所の整備
広島工業大学高等学校[全日制課程]
学習支援システムを活用して学習できる場所が少なく、限られた人数の生徒しか活用できない状況です。多くの生徒が自学自習できる新たな場所の整備費用として活用させていただきます。
屋外水銀灯の更新
広島工業大学高等学校[全日制課程]
授業やクラブ活動で利用しているグラウンド等の照明設備は水銀灯を使用していますが、製造が中止となり、新たな照明設備の導入が必要となっています。これら導入費用に活用させていただきます。
図書室のパソコン設備の更新
広島工業大学高等学校[通信制課程]
現在設置しているパソコン等機器が古く、台数も20台と少ないため、ICT教育が十分にできない状態です。パソコンおよび周辺機器を含めた設備更新費用に活用させていただきます。
学生の資格取得支援
広島工業大学専門学校
ドローンシュミレーター施設をご寄付により整備、「無人航空従事者3級」を授業内で取得可能になりました。資格取得に必要な器具購入や学外講師の招聘など学生の資格取得支援に活用させていただきます。
「ものづくり」環境整備
広島工業大学
学生がいつでも自由に「ものづくり」に取組める教育学習環境整備に努めています。倫理観を持った技術系人材を育成するため、学修活動だけでなく、OBや地域の方々との共同利用を促進することを目的として、オープンスペースやデジタル工房などの設備整備に活用させていただきます。
自由な学びの支援
広島工業大学
最新のICT機器を備え、チームで活発な議論ができるアクティブラーニング・スペースの整備や学内ネットワークをはじめとするICT設備の高度化、学生が主体的に学内施設を活用して自学自習に取組むためのプログラム開発など、学生の自由な学びを支援、促進する教育学修環境の整備に活用させていただきます。
合唱クラブ 活動・遠征費用
なぎさ公園小学校
チャリティーコンサートも開催する合唱クラブは、全国でも有数の強豪校に挙げられます。学校や地域で開くコンサートの活動費用や全国大会出場等にかかる遠征費用に活用させていただきます。
課外活動の充実
広島なぎさ中学校・高等学校
国内外のさまざまなコースに分かれて研修旅行を行い、自然や異文化に触れ、自己発見とともに多様性を学ぶ機会を設けています。本研修旅行における費用等に活用させていただきます。
全国大会出場費のサポート
広島工業大学高等学校[全日制課程]
全国大会に出場している陸上競技部、ボート部、ダンス部、柔道部をはじめ、多くのクラブは、大会ごとに多額の遠征費がかかっています。これら遠征費のサポートに活用させていたただきます。
クラブ備品・施設のサポート
広島工業大学高等学校[全日制課程]
体育系、文化系ともクラブ活動に必要な道具・資材類を整えるための購入費用が必要です。さらに部員が多いクラブでは、多数の道具をそろえる必要もあります。それらサポート費用として活用させていただきます。
キャンパスライフの充実
広島工業大学専門学校
広島県内の専門学校ではごく希な食堂を設置し、学生の健康維持のために美味しい食事を提供しています。日々の営業で傷んだ食器や備品を更新し、より良い食事環境を提供するために活用させていただきます。
学生の挑戦をサポート
広島工業大学
自治会やクラブ活動、女子学生キャリアデザインセンター、学生自主企画プログラム「HITチャレンジ制度」などを通して、さまざまなことにチャレンジする学生をサポートする費用として活用させていただきます。
お申し込み

寄付金に関するお問い合わせ

学校法人 鶴学園
総合戦略部

〒731-5193 広島市佐伯区三宅2-1-1(新1号館14階)

Tel 082-921-4176
Fax 082-921-8927
[受付]月~金曜日 8:30~17:00/土曜日 8:30~12:30

E-mail donations@tsuru-gakuen.ac.jp

※広島工業大学教員の研究への寄付「奨学寄付金」については研究・地域連携支援部へお問い合わせください